月別アーカイブ: 2011年6月

京都から伊勢神宮へそして東京へ。

旅も終盤になり、かれこれ1週間ぐらい旅していた?ぐらいの物凄い濃密な旅行。

昨日はお互いに疲れていた、京都に来て、興奮を冷めぬままの観光。そして追い討ちにお風呂に入って余計に疲れた。睡眠ができるサービスエリアまでがんばって走って、ゆっくり寝て、朝起きたら元気になり、いざ!、伊勢神宮へ。

f:id:toshi_kuni:20110612064418j:image

昨日の疲れも忘れ元気に。伊勢神宮に。

伊勢神宮は何時からやっているんだろうネットで調べると、5時ぐらいから。

f:id:toshi_kuni:20110612065441j:image:w640

まずは外宮から。ということで左に。

f:id:toshi_kuni:20110612070045j:image:w640

着いたら止まっている車も少なく。テクテクと歩いていく。

f:id:toshi_kuni:20110612070131j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612070418j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612070721j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612070948j:image:w640

伊勢神宮は初めて訪れて思ったのが立派な木が多くあった。伊勢神宮だから立派な木があるとは思えなかった。元々は日本にはたくさんの立派な木がたくさんあったのだろう。東京に住んでいるからそう思ってしまうか。

f:id:toshi_kuni:20110612072454j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612071622j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612071504j:image:w640

「郷に入れば郷に従え」と神社に来たら二礼二拍手一礼とちゃんとやっています。

そして内宮へ。車で向かいます。

f:id:toshi_kuni:20110612074257j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612074428j:image:w640

「内宮に鎮まる天照大御神は、我が国で最も貴く、国家の最高神とされています。」と伊勢神宮のホームページで紹介されています。

日本の神様の総本山。まぁ単純に言うとゲームのラスボスみたいな。

とってもとっても神聖なる場所。

f:id:toshi_kuni:20110612074501j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612074640j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612075637j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612075843j:image:w640

めでたく参拝をして、そして帰路に。どうしても赤福をお土産にしたかったので赤福本店に行こうと。

f:id:toshi_kuni:20110612083614j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612083827j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612083849j:image:w640

伊勢名物 赤福

ここでは、赤福を買ってお茶も飲める。でも飲まなかった。赤福でお土産を買って満足してさて帰りましょうかと。

いろいろなお土産屋を見ようかと思ったけど商店街はこれからオープンの準備をしていた。

この時点で8時半。

駐車場に戻った時には、来たときは駐車場はそこそこ一杯では無かったけれども、一台駐車待ちをしていた。

観光バスもどんどんと入ってきていた。

そして、東京へ。

高速道路を乗って東京へ向かう。京都に来る時は雨やら夜やら外灯が無いやらで100キロが精一杯だったけれども、帰りは晴れていて平均時速は110キロから120キロぐらいで帰ってきた。最初はそんなスピードだして大丈夫かなぁと思ったけど、周りの車もそのぐらいのスピードを出していた。このファミリアは走行距離が結構走っているにも関わらずにとっても安定して走っていた。オイラがバイクを乗っていて思うのが長く乗れるか乗れないかはその乗っている人の整備次第だし、大事にしないと調子が悪くなる。オイラはあんまりバイクを大事にしないから整備したときは大きい出費をしてしまう。でもこの車は本当によく走ってくれました。

順調に走って途中でご飯を食べようということでサービスエリアに。

f:id:toshi_kuni:20110612101819j:image:w640

伊勢湾岸自動車道 湾岸長島パーキングエリア

湾岸長島サービスエリア。

10時20分到着。

f:id:toshi_kuni:20110612101844j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110612103121j:image:w640

かき揚丼プラスミニうどん。いくらだったか忘れました。まだ10時ということでお客は少なかった。知らないところでご飯を食べるのとっても楽しい。

そして。

f:id:toshi_kuni:20110612104822j:image:w640

サービスエリアではお湯がただで貰える。お茶も貰える。カップとコーヒーの粉さえあればコーヒーは作れる。わざわざ缶コーヒーを買う必要が無い。と言っても、思っても、なかなか実行に移せるかどうか。でもホンの少しの勇気があれば作れてしまう。でも誰かに笑われてしまうと思ったらやっぱり作れないだろう。

こうやってお湯を貰ってコーヒーを作っているのは自分達だけかなぁと思ったけど。

結構、年配の方々はお茶をポットに入れたりしていた。

ただでコーヒーが飲めてしまうなんて良い事だよ。ホント。金銭的に楽。

そして。東京に。

段々東京に近づいていくにつれ車の交通量が多くなってきてたけど、それでも順調に進んでいったで無事に家路に着きました。

楽しい旅行でした。次はどこに行くかなぁー。

京都3

鈴虫寺では有名なニュースキャスターがいて、プライベートで来ていて、旦那さんと鈴虫寺のわらじを履いたお地蔵さんに長い時間お願いをしていた。

芸能人はこうゆう所には来ないと思っていたから驚いた。周りの人たちも驚いていた。

会社の人達に京都に行くことを言って、お土産を買ってくるよ。といってしまったので。京都一の賑わっている錦市場にお土産を買いに行きました。

f:id:toshi_kuni:20110621215333j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110621215332j:image:w640

京都の台所 錦市場|京都錦市場商店街振興組合公式ウェブサイト

ここは本当に楽しかった。上野のアメ横みたいな浅草の仲見世みたいな。築地の場内みたいな。

二人で何を買ったかというとお土産の漬物を買っただけなんだけど。ワクワクした。

f:id:toshi_kuni:20110611172445j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611172431j:image:w640

とりあえず入り口に入って、目に付いたのが煎餅。京都の煎餅は美味しいですよー。すかさず一枚ずつ買って食べながらいざ!

f:id:toshi_kuni:20110611172651j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611172800j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611172903j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611173732j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611174027j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611175113j:image:w640

ここ錦市場に着いたのが5時半頃。生鮮を扱っているお店は店終いを始めていた。それでも、まだまだ人は多かった。観光客なのか、地元の人なのか分らないけど、多くの人がいた。

湯葉とか干物とか、漬物とか。ご当地物がたくさん売っていた。

洋服とかも。Tシャツもいろいろなのが売っていた。「おてんば娘」と書いてあるTシャツを姪っ子に買っていこうかなと思ったけど、「Hong Kong」のTシャツと比較されるのもたまらないので止めておきました。(笑)

いゃ!待てよ!でも。今思えば海外で着たら……..。もしかしたら人気があるかも!?

ここの錦市場はとっても面白くて、とっても商店街として長くて。元に戻ってきたときにはへとへとになっていました。折角京都に着たので美味しいラーメンを食べようかと。そして二人でネットで調べたり、持ってきた京都の本で見たり、調べたりと。結局、お互い疲れたので錦市場の近くにあるラーメン屋で。夕食を。

もうこの時点でお互いに疲労が蓄積されていた。なんせ前夜の9時に東京をでて、土砂降りの雨の高速道路を100キロ以上出して京都に来て、少し仮眠をして、興奮して京都観光をしたけれども、大分お互いに疲れていた。ただ素晴らしいのが、お互いのこの意地っ張り。絶対に弱音を吐きません。

さて次は何をするかと?

…..お風呂。

お風呂はとっても危険。疲れを取る…..場合もある。ただ逆もある。疲れが余計に出てしまう。

ただやっぱりお風呂に入りたい。とってもとっても入りたい。疲れを取りたいのでは無く。一日の垢を取りたいだけである。

ネットで調べたら、京都市内から30分ぐらいのところにスーパー銭湯があるらしい。じゃーとりあえずそこに行くかーと言う事で行きました。ただそこで寝れるのか、何時までやっているのかは定かではなかった。とりあえずそこに行こうと。で着いたそのお風呂は「ねねの湯」

f:id:toshi_kuni:20110611193254j:image:w640

着いたのが7時半。

着いて発覚したのが営業時間が24時まで。そこで寝ようとしていた計画はそこで頓挫に。

当初は、姪っ子等と共に京都と言う話だったけれでも、姪っ子が予定が入っていていまい、  大幅に計画が狂っていた。

予定では、日曜日の朝に京都を出発をして昼ごろに東京に着く予定だったらしい。

ただ、オイラが何をどう思ったのか知らないけど、伊勢神宮に行くのはどうかと?決して、  京都から伊勢神宮(三重県)の距離が全然知らなかったわけで。なんとなく近いのかなぁと  しか分らなく。言ってみたら、良いんじゃないかと。

お風呂に入って、風呂だ。サウナだ。水風呂だ。なんてはしゃごうかと思っていたら、思っていたよりも疲れていて、寝たいし、明日は伊勢神宮だし。暢気にしていられずにとりあえずとっととお風呂から出て、高速道路に乗ってサービスエリアで寝ようと。お互いに意地っ張り、負けず嫌いだけれども、利害が一致したときはとても行動力のあるこの二人。

そして着いたのが安濃インター。

Honda Dog|サービスエリア、パーキングエリア情報|伊勢自動車道|安濃サービスエリア(下り)

f:id:toshi_kuni:20110611214712j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611214544j:image:w640

着いた時間が9時45分。

お互いにそのまま寝れる自信あり。ただそのまま寝るのは残念なのでとりあえず、安濃サービスエリアの中に。ただお店も店じまい支度をしている途中。お互いに寝ましょうかと。疲れたので。

f:id:toshi_kuni:20110611215315j:image:w640

お休みなさい。

f:id:toshi_kuni:20110612061958j:image:w640

おはようございます。

なぜ?なぜ?斜めの写真かというと……相当寝ぼけてたんでしょう。

起床時間。6時20分。

寝ました。とにかく寝ました。清清しい一日の始まりです。歯を磨き、顔を洗い、コーヒーを飲み。

伊勢神宮へ。

京都2

貴船神社で少々京都の観光は満腹感を覚え、そしてお互い用意していた京都観光の本を見ずにどこへ行こうかと考えて、坂本竜馬のお墓に行こうと。

f:id:toshi_kuni:20110614213723j:image

f:id:toshi_kuni:20110614213721j:image

f:id:toshi_kuni:20110614213719j:image

お墓の写真を撮っていいのかと思い、でも撮ってしまう。

f:id:toshi_kuni:20110611110045j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110611110623j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110614214202j:image:w640

桂小五郎の墓

f:id:toshi_kuni:20110614214525j:image:w640

そして、俺

f:id:toshi_kuni:20110614214943j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110614214941j:image:w640

腹が減ったので途中で草団子を買って食べた。

「まいどーおおきにー」

好きです。…….京都弁。

草団子を食べたので余計に腹が減って、途中で個人がやっているお店だと思う。商店街から少し離れたところに住宅街があってそこでやっていた。

f:id:toshi_kuni:20110614215643j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110614215754j:image:w640

食堂エンドウ。

入ったときはお昼の12時。震災の影響で観光客が減っているのか、京都自体が観光客が少なかった。

そしてお店に入った時、お客は誰もいなかった。そして、僕らは少し緊張の為、固まっていた。

f:id:toshi_kuni:20110614220653j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110614220651j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110614220650j:image:w640

頼んだのが生麩と生ゆばの五目あんかけ定食。

おいらが頼んだのがおかずたくさん定食。

美味しかった。

f:id:toshi_kuni:20110611120931j:image

f:id:toshi_kuni:20110611120924j:image

内装。

その後階段をテクテク登って清水寺に。ちらほらと中国語やら、韓国語やら。

f:id:toshi_kuni:20110620224751j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620224749j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620224748j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620225408j:image:w640

音羽の瀧(おとわのたき)

清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となったのがこの瀧です。こんこんと流れ出る清水は古来「黄金水」「延命水」と呼ばれ、清めの水として尊ばれてきました。

f:id:toshi_kuni:20110620225848j:image:w640

今の修学旅行はとっても贅沢です。うらやましいです。タクシーでなんて。

近くにある。お寺へ。

f:id:toshi_kuni:20110620230123j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620230121j:image:w640

写真を見るだけでも鬼気迫るものが。願いをお札に書いて、貼っています。女性が多かった。

みんなそれぞれの思いがあってここに来るんだなぁと思った。ここにいると負の感情ヒシヒシと迫ってくるのでとっとと退散をしました。

前回京都に来たときに是非着たかったのですが場所が分らなかった苦い思い出がありましたので、今回はお願いをして新撰組の壬生へ。

f:id:toshi_kuni:20110620231851j:image:w640

屋敷の中を入っていくとカタカタと聞こえてくるのがある。会社で聞いたような音。よく見ると奥が製袋をしているらしかった。

f:id:toshi_kuni:20110620232644j:image:w640

お土産で売っていたのが鬼神丸国重。

f:id:toshi_kuni:20110620233403j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620233359j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620233508j:image:w640

そして壬生寺。ここで大砲の練習とかしていたらしい。アホかと。


D

f:id:toshi_kuni:20110620234754j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620234752j:image:w640

f:id:toshi_kuni:20110620234751j:image:w640

わらじを履いたお地蔵様が、願いをかなえに来てくれる・・・らしい。お寺。鈴虫寺。なんと一年中鈴虫の音が聞こえるらしいお寺。お坊さんのお話もボソボソと何を言っているのが聞こえなくただ単に眠気を誘われているみたいでした。一日に何百人と参拝者がいるのだから多分、ご利益があるお寺なんだろうと思いました。

京都

うちの会社には二人のドライバーがいる。その人は結構昔からいるらしい。実際その人とは仕事以外の話はほとんどしない。別にその人が嫌いなわけではない。本当にただ単にプライベートな事は話さないだけ。

会社は7月、8月は土曜日がお休み。それ以外の月はそのドライバーと隔週でお休みを取る。先週は友人達と日光に行ってきた。本来なら今週の仕事は自分の番。姪っ子が11日、12日ならみんなで京都にいけるという。高速道路が休日特別割引で1000円。ただそのサービスも19日まで。それまでに京都は行きたいと思って、そのドライバーにお願いをして11日と18日の休日を交換をしてもらった。ただ残念なことに姪っ子は日曜部に予定が入ってしまい。結局は行けずじまいで二人で京都に行ってきた。

よくよく考えたら、車で長距離運転は初めてではないだろうか。京都に行って泊る場所はどうするかと聞いたら、全然考えていないとの事。もし泊るところが見つからなければ車の中で寝ればいいではないかとの返答。そして車の中で寝ることに。車で寝ていいことは、お金がかからないこと、そして、起きた時、サービスエリアで顔を洗い、歯を磨いた後の清清しさはなんとも言えず。良かった。またその後、珈琲を飲んで、段々眠気が冷めていく感覚は初めての体験なのかなぁと思った。

今は、梅雨。天気も不安定。二人で京都に行くことに決定した時点で、ファミリアに自転車を二台積んで行って、京都観光は自転車で回ろうかと計画をしていたけれども雨が降るかも知れないのでとりあえず自転車は持っていかずにそのまま行こうと(結局は自転車を持っていかなかったので車の中で寝れたから持っていかずに良かったけど)もし、京都で自転車を乗ることになればレンタサイクルがあるからそれを借りようかと計画していた。レンタサイクルは一日1000円。何で自転車なのかというと京都には駐車場がそんなに無いのと、いちいち観光して車で移動して駐車場代を払ってと思うと自転車の方がいいのかと思っての事。

あれこれ考えて、出発をしたのが金曜日の21時。雨は降っていなかった。ネットで調べると京都までが6時間から7時間ぐらい。2時間ごとに運転を変わることに。最初は雨も降っていなく順調に進んでいった。どこら辺からは覚えていないけど、雨が結構降り始めてきた。

高速道路も段々と外灯がなくなってきて、視界は悪くなるは、雨は降っているは、トラックは水しぶきを上げて走っているはで、疲れた。

とりあえず、大津サービスエリアまで行ってそこで、仮眠をしてから京都へ。そこから京都までは1時間ぐらいなのかな。と…….。予定をしていたのだけれども、大津へ行く道路が事故で閉鎖。……。旅には予定通りに行かないのは仕方が無く。走り続けどうしよと思考能力が無いまま、結局は京都まで行った。そしてインター出口で止まるところがあったのでそこで寝た。

f:id:toshi_kuni:20110611065512j:image

七時前に起きて、寝る前に土砂降り雨が降っていて、寝る前に起きた時は雨は止んでいるはずは無いなぁと期待をせずに寝て、起きた時は雨は小雨になりそして京都に着いたんだなぁと思った。

f:id:toshi_kuni:20110611082256j:image

起きて歯を磨きたく、道の駅、びわ湖大橋米プラザ。

f:id:toshi_kuni:20110611075108j:image

f:id:toshi_kuni:20110611074733j:image

f:id:toshi_kuni:20110613224920j:image

バイクで来て、テントで泊っている人もいた。

そして、小雨の降る中、向かった先は、貴船神社。全然、聞いた事も知った事も無かったところ。

貴船神社は創建されたのは1300年以前。そして水を司る神様を祀っている神社らしい。

そして絵馬の発祥の地。場所は鞍馬山。鞍馬山といえば天狗。そのぐらいの知識しかない。

その鞍馬山がパワースポットとして紹介をされている。パワースポットというとトレンドではない僕は馬鹿にしてしまう。所が車で鞍馬山を登って見た景色は決してパワースポットとトレンドでは言い表せないほどの素敵な場所でした。

f:id:toshi_kuni:20110613230153j:image

f:id:toshi_kuni:20110613230150j:image

f:id:toshi_kuni:20110613230148j:image

車で険しい山を登った先には神秘的な神社。決して自転車ではこれないところ。

f:id:toshi_kuni:20110614202026j:image

f:id:toshi_kuni:20110611090742j:image

駐車場からテクテクと鳥居の前まで歩いて行く。下って左側には川がありそしてそのお店では流しそうめんをやっているらしかった。着いた時間が9時ごろでお店はまだやっていなく、そして参拝者もほとんどいなく、いたとしても女性が数人で来ていたぐらいだった。

f:id:toshi_kuni:20110614205759j:image

f:id:toshi_kuni:20110614205758j:image

f:id:toshi_kuni:20110611091807j:image

貴船神社は絵馬発祥の地。

f:id:toshi_kuni:20110614210316j:image

f:id:toshi_kuni:20110614210313j:image

f:id:toshi_kuni:20110614210311j:image

そして奥宮へ。

f:id:toshi_kuni:20110614211531j:image

f:id:toshi_kuni:20110614211529j:image

f:id:toshi_kuni:20110614211652j:image

日光

f:id:toshi_kuni:20110604132520j:image

f:id:toshi_kuni:20110604103250j:image

電車に乗っていたときに電車にぶら下がってある広告が目に入ってきた。日光の写真。

ふと行ってみたいと思い、友人達に相談したところOKとの事。

もう関東は梅雨に入り、雨が降るかと心配をしていたけれども、晴れていて気持ちの良い日になった。

快速電車で行くと1320円、所要時間2時間10分。特急電車スペーシアだと2620円、所要時間は1時間50分。その差20分。あんまりお金をかけたくなかったので快速電車で行くことにした。

8時に北千住で友人と待ち合わせをし、日光に。

f:id:toshi_kuni:20110604104329j:image

最近は、不景気、不景気と言われて、平日車を運転をしていても、夜7時とかには道路はガラガラの状態。東武日光駅に着いて観光客が多いのかなと思ったけど人が少なく驚いた。不景気なのか、土曜日だからなのか分らない。また震災後の風評被害で旅行しなくなってしまったのかなぁと思った。

東武日光駅から東照宮までバス、タクシー、乗合いタクシーがある。東武日光駅に着いて、駅前でトイレやらタバコやら(友人4人で行って、3人禁煙成功し、一人が3ヶ月タバコを止めていたのだけど会社のストレスからまた吸ってしまった。残念。)で東武日光駅でダラダラとしていたら、乗合いタクシーの運転手に全員で1000円で乗っていかないかと声を掛けられ、友人達と東照宮に行く途中でお昼ご飯を食べると言うことで断った。歩いたとしても東照宮まで30分

程度である。全然へっちゃらである。

ニュージーランドに行ったときにコロマンデル半島のカセドラルコーブを歩いたときの方がよっぽど辛かった。

f:id:toshi_kuni:20110604110634j:image

f:id:toshi_kuni:20110604110050j:image

世界遺産にも登録されている日光。道を歩いていると、木造の古い家や、中途半端に作られたコンクリートの家やビル。家は耐震的にも、老化にしても新しい方が良いと思う。でもこの中途半端な町作りは見ていられなかった。少々残念である。古い町並みは古いままが良いと思った。

f:id:toshi_kuni:20110604111309j:image

陽気も良いせいだかバイクのツーリングも多かった。

友人が前日にリサーチをしてくれていて、その候補が数店あったみたい。その内の一件が野菜しか出さないお店。そこのお店は残念だったけれどもランチはやっていなかった。諦めて他の候補のお店に行った。まだ開店はしておらず準備中の掛札が掛っていた。時間までブラブラしていて、時間になったのでお店に行ったのだがほとんど人が予約をしなくてはいけないのだが運が良くテーブルが一つだけ開いていると言うことでお昼ご飯をいただけることになりました。

まもなくすると予約をしていたお客が続々と入ってきて、食べ終わる頃にはお店はお客でいっぱいでした。

友人のリサーチで美味しいご飯がいただけました。

f:id:toshi_kuni:20110604112249j:image

f:id:toshi_kuni:20110604112302j:image

f:id:toshi_kuni:20110604112557j:image

f:id:toshi_kuni:20110604120339j:image

定食1500円。美味しかった。

f:id:toshi_kuni:20110604131800j:image

f:id:toshi_kuni:20110604131342j:image

ブラブラと歩き、日光東照宮へ。表門をくぐり、左手にかの有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」がある、神厩舎。つまりは馬小屋。

小さい子供には悪い話は聞かせるな。言わせるな。見させるな。という訓戒。

江戸時代は世界的に教育レベルは高かったと司馬遼太郎の本で読んだことがある。

f:id:toshi_kuni:20110604132526j:image

f:id:toshi_kuni:20110604132705j:image

f:id:toshi_kuni:20110604133527j:image

眠り猫

f:id:toshi_kuni:20110604154508j:image

f:id:toshi_kuni:20110604154051j:image

ブラブラとお寺と神社を参拝。2礼2拍手1礼と。

なんだかんだ行って数時間歩き回ったり、階段を上ったりと疲れました。

電車の時間がきて、東武日光駅に歩きながら戻りました。ただ浅草までの電車が数分前に出てしまって、次の電車まで1時間ぐらい待たなくていけなくなってしまった。他に方法が無いのかなぁと思って駅員に聞いたら、東武日光→新栃木→南栗橋→北千住→浅草。と三回乗り換えをしなくてはいけないと。そうしたら1時間待ってゆっくり座って帰ろうとなった。

帰りの電車の中で疲れたのか寝てしまった。友人達は起きていたみたいですけど、なかなか体力があるなぁと。小学生4年生の女の子も起きていた。

f:id:toshi_kuni:20110604185738j:image

友人の予定では浅草に行って夕飯を食べてから解散をしようとしていたけれども、東武日光で1時間の足止めをしてしまったので急遽変更をして、友人の御神輿仲間が経営している本所吾妻橋にあるお蕎麦屋さん。へ。一度行ったことがあるのですが美味しいところです。

ご主人が九州出身らしいのですが、とても優しそうな感じの方でした。

f:id:toshi_kuni:20110604212547j:image

f:id:toshi_kuni:20110604212421j:image

お酒を飲んだり、おつまみを食べたりとなんだかんだと営業時間を過ぎてしまって、店主に悪いことをした。

最後にカレー蕎麦を食べて解散をした。