月別アーカイブ: 2012年5月

印刷会社5年目

f:id:toshi_kuni:20120525175455j:image

f:id:toshi_kuni:20120525182508j:image

f:id:toshi_kuni:20120525194647j:image

f:id:toshi_kuni:20120528154112j:image

f:id:toshi_kuni:20120528154130j:image

f:id:toshi_kuni:20120528162302j:image

金曜日は印刷組合から印刷会社を勤労5年目、6年目の人達を労い、これからもがんばってほしい為にこのような会を開いてくれる。

フレンチ。

パンがおいしかった。

解体屋がこの様にぎっしりと木材を積んでいる。

この木を捨てる時に、1立米いくらと払うので、なるだけ、びっしりと詰めてトラックに乗せないと、捨てる時に余分にお金を払わなくてはならなくなるので、このようにびっしりと。

この仕事はA型とか几帳面な人が得意なのでは。

f:id:toshi_kuni:20120521175553j:image

f:id:toshi_kuni:20120521175534j:image

f:id:toshi_kuni:20120521175336j:image

f:id:toshi_kuni:20120521161055j:image

f:id:toshi_kuni:20120521152050j:image

土曜日にお台場にバーベキューのオフ会に行ってきたと書いた。行き方は新橋まででて、その後ゆりかもめ線で台場まで。

IPhoneのおかげで、電車苦手の自分でも簡単に行くことできるようになった。

新橋を降りて(都営浅草線)からゆりかもめ線へ。友人がPASUMOのチャージをするという事で待っていた。

都営浅草線の改札口で外人さんがサラリーマンと話をしていた。(自分もサラリーマンですけど)

そのサラリーマンは英語が話せずに、自分に英語を話せるかどうかを聞いてきたので、大丈夫ですと。偉。

そうしたら、3人の外人さんはブラジル人。新橋から東京駅にJRで行きたいと言っていた。

自分も電車の乗り換えが分らないので、駅員の人に聞く。そうしたら、JRで東京駅に行くのであれば、一度都営浅草線の改札口をでて、新しく切符を買って行かなくてはならないとのこと。

もう一つは、銀座線で東京駅に行く経由。銀座線で行くと追加のお金は払わなくていいと駅員が言っていた。そのブラジル人にどうする?と聞いたら。じゃー。銀座線で行くと。

そうしたら、駅員の人がブラジル人が持っている切符を銀座線で東京駅に行く為の切符と取り換えてくれた。

でとりあえず、改札口を出て、銀座線の改札口まで一緒に行こうとなって、そこで初めてブラジル人と知った。

普通に英語は話せて良かったなぁと思った。

都心の駅の構内とか、乗り換えとか凄く難しくありませんか?俺だけ?そう思っているの?

事前にあれこれ心配するよりも、 実際にやってみると案外たやすいことをいう。

f:id:toshi_kuni:20120518192136j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120518192130j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120518202043j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120520183810j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120520183838j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120519114626j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120519121951j:image:w640:left

f:id:toshi_kuni:20120519122002j:image:w640:left

持っていた財布。もうかれこれどのくらい使ってのだろうか。10年ぐらいかもっとか。最近は肉を食べないけど、皮製品は好きというちょっと矛盾をしているけれども。流石に10年以上使っていると、老化し始めていて、ちゃんとお手入れしていれば、一生使えるかもしれないけれど。

それでも表面の皮部分は修理のしようが無いと言われ新品に取り換えた、そうしたら今度は小銭入れの部分が老化の為、皮と皮を繋げている部分がボロボロになって、小銭入れが使えない状態だった。でも新しい財布を取り換える勇気も無く、どうしようかと思っていた。修理に出そうと思っていて、ここのメーカーのレッドムーンに見積もりを出してもらったところ18000円以上は掛かるのではとのこと、でも18000円を払うのであれば、新しい財布が買えるしと思って、ずっとそのままの状態で使っていた。でも小銭入れが使えないし、100円均一で小銭入れを使っていて相当不便だった。だったけど、しょうがない….。判断ができなかった。

友人の友人が皮製品を直せると言う事を言われた。そうしたら友人がその友人に財布の修理をしましょうかという事を言ってくれた。どうすると言われて。即答でお願いしますと。

せめて、小銭入れだけでも直ってくれればと願っていた。一か月ぐらいしたのだろうか。その友人の友人は相当良い人のようで、ゴールデンウィーク中も直してくれていたらしい。自分の願いの小銭入れだけ直してくれればいい。との願いを大幅に叶えてくれて、小銭入れのジッパー、そして、まん丸の当てステッチ(ちょっとかわいくていい感じ。笑。)

その友人も自分が早く欲しいだろうと思って、早く渡したいとの事で、金曜日に友人とその彼女でお食事をした。

今週末は三社祭。どこで夕食を食べようかという事で探していたけど、どこも混んでいた。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003756/

釜めし”むつみ”

友人は浅草の食べ物屋を良く知っている。話も弾んで楽しい夕食だった。

翌日は、お台場でバーベキューというオフ会。参加費3000円。

凄く良心的な値段設定で楽しいバーベキューでした。良い天気だったし。

野菜もたくさんあって良かった。

前日に友人との会話の一部で肉を食べないことを言った方が良いよ。と言われた。

バーべキューでその事を言ったら、山ほどの野菜が来た。驚いた。肉は食べないと言ったけど、

野菜をたくさん食べるとは言ってないってと思った。でも楽しかった。

ここのコミュニティーはまた参加したいなと思った。管理人さんと話をしたけど、みんなが楽しんでくれればとの事で安くしたと言っていた。ただ良い人もいれば悪い人もいる。今日はドタキャンが二人いたと言っていた。非常に残念だったと言っていた。

2次会に行って、また飲んで、楽しかった。

今日、日曜日は家でゆっくりしている。

3回戦

f:id:toshi_kuni:20120514150916j:image

f:id:toshi_kuni:20120514120539j:image

f:id:toshi_kuni:20120511104133j:image

f:id:toshi_kuni:20120310224029j:image

f:id:toshi_kuni:20120310224026j:image

f:id:toshi_kuni:20120306135503j:image

校長先生ゼッコーチョー!

朝食食べずに 超ショック!

「ダジャレ言ったのは、だじゃれ?(誰じゃ?)」

「ジャイアン死んじゃいやん」

トイレに行っトイレ。

今日は疲れました。

休日

f:id:toshi_kuni:20120513111924j:image

f:id:toshi_kuni:20120513151603j:image

f:id:toshi_kuni:20120513153113j:image

f:id:toshi_kuni:20120513154124j:image

f:id:toshi_kuni:20120513152657j:image

f:id:toshi_kuni:20120513111935j:image

今日は凄く良い天気だった。朝起きて、洗濯して、掃除して…….。

晴耕雨読。

絶対、今日はどこも混んでいる。混んでいる。でも家にいてもストレスがたまる。と洗濯、掃除

をしながらずっとこれをずっと考えていた。

今日は代々木公園でタイフェスティバルが開催されている。去年はホント残念なことに東北の震

災があって、タイフェスティバルは中止になった。多分今日は凄く混んでいるだろう。

でもやっぱ家にいるのは耐えきれないので、とりあえず、行って混みすぎて、バイクも駐車でき

ないようだったらスルーしようと。そうしたら、3時間ぐらいは外に出ているから、まぁ良いや

と思って、出発した。首都高速で行こうと思って、首都高に入ったら、900円。最初っから挫

けた。700円じゃなかったけ?と思いながら。

案の定、混みすぎていて、バイクを止めるところも無く、そのままスルーをした。でぶらぶらと

バイクを走らせて帰ってきた。

家にいても、ストレス、外に出てもストレス。行くところが大体、決まっているんですよね。

確かに外に出るのは気持ちがいい。

日本は、特に東京は人が多すぎる。奇抜な洋服を着るのが個性なのであれば、多分、そうでもし

ないとこれだけの多い人ゴミの中で歩いていると自我が持たないと思う。特に若い人たちは、目

立ちたい、自分だけは違うとか、自分だけは。と思っている人たちは特に。

それでも、3時間ぐらいバイクで走っていたけど、外にでて良かったかなぁと思う。

帰りは、下道で帰ってきた。スカイツリーの横を通ってきたけど。信号交差点の所で、2車線の

所で、なにはナンバーの車が、左車線を駐車していて、急に発進して、そのまま右折車線に行っ

た。交差点付近で左車線から右折車線にいきなり行ったら、真ん中の車線を止めてしまった。

迷惑だなぁと思った。でもこれからスカイツリーがオープンをしたら、もっと道路状況が悪くな

るんだろうなぁと思った。良いこともあれば悪いところも出てくる。

そうそう。帰りに、巷で有名な新大久保に行ってきた。どんだけ、韓流の影響で人手が出ている

かを見に行った。そうしたら、結構人がいた。

f:id:toshi_kuni:20120512094828j:image

f:id:toshi_kuni:20120512100112j:image

f:id:toshi_kuni:20120512170357j:image

f:id:toshi_kuni:20120512170408j:image

f:id:toshi_kuni:20120512170417j:image

f:id:toshi_kuni:20120512174524j:image

時折、普通はさー。とか比較する対象として普通という言葉がある。

普通、こうこうこうだよね。とか。普通、やらないよねー。とか。

極右的、極左的な行動や言動は普通ではないのは分る。笑。

この普通の基準は何だろうと思う。

10人中9人から10人の人がその事を選択するのが普通というのか。とホントに疑問に思ったり

する。

なぜ、今さらそんなこと思うのかと言うと、自分の想像を遙かに超える人達がたくさんいることに

気がつき始めた。自分が普通はやらねーだろと思っていること、やっている人がたくさんいるので、

この普通が自分基準になっているのに気がついた。

だから、自分の想像を遙かに超えた人を見ても驚かないようにした。つうか、相手にしないように

した。

どうしたんだろうか。連夜、ブログの更新をしたり、さぁー会社に行こうと思って、自分の財布を

冷蔵庫に入れたり、疲れているのだろうか。


D

[スキーを通し、フィールドとなる山の環境を守る大切さ」と作品のテーマになっている。

上手く作られている。見入ってしまった。