月別アーカイブ: 2012年10月

もっとテレビにドキュメンタリーを。

あんまり良いことでは無いのですが。

no title

考えさせられる動画でした。民間テレビもこういったドキュメンタリーのテレビを放送をすればいいのにと思う。

でもそのテレビのスポンサーがいる限り無理な話である。なぜなら、お金のない生活なんて放送されたら、その番組に払っているスポンサー料として宣伝(コマーシャル)を流しているので、そのコマーシャルの商品を買ってもらわなくてならないし。

実家がお店をやっている時は、賞味期限切れの商品を捨てるのが心痛かった。

決して食べられないことは無いんだけど、でもお金を貰って売れる商品では無かった。でも捨てる選択意外無く処分をしていた。

そのお店に3社ハム会社が入っていた。伊藤ハム、日本ハム、プリマ。

お店に来るプリマの販売員に何か面白い商品無いのかよ。と聞いていて。(ハム屋の商品は殆どが委託販売で。いくらでも商品を置いていてっても構わないけど、売れ残っとたら全部持って帰ってね。という商売。で売れた分だけは支払いますよ。との事。)

よく見ると他のスーパーから引き上げた賞味期限切れ近い商品が山になっていて、これくれよ。と言ったら。

くれた。

賞味期限切れ近いので、さすがに売ることはできなかったので、知り合いの子供がたくさんいる主婦にあげていた。流石、あげました、食べました、食中毒になりました、訴えます。となると目も当てられないので、無理して食べないでとお願いをしてあげていた。そんなに細かい主婦では無かったので喜んでもらえたので良かったかなと思った。

今、キャベツが一箱200円とかめちゃくちゃ安い。生産者は悲鳴を上げている。売っても赤字、処分しても赤字。生産者も生活がかかっているので泣けるに泣けない。

人間食べる量は決まっているし、多く作ったらかと言って全部売れるわけでも無いし、だからと言って作らないわけにはいかないし。

何かしらいい塩梅の所って無いのかなぁと思う。

会社でBBQ

f:id:toshi_kuni:20121001223337j:image

f:id:toshi_kuni:20121001223308j:image

f:id:toshi_kuni:20121001223258j:image

f:id:toshi_kuni:20121001223317j:image

f:id:toshi_kuni:20121001223327j:image

ここ最近は何かと忙しい。自分自身が忙しいし、周りも忙しい。

体が忙しいのものあるし、色々と考えてるのも忙しい。忙しいと言っても体が忙しのと思考が忙しいとまた違うと思う。まぁ当然なんだけど。体が忙しいのは目に見えるけど、思考の忙しいは目に見えなから気付きにくい。大人になると、感情を露骨に出すのは恥ずかしいし、やってはいけない。なるべく感情を出さないようにする。そうすると自分の感情は誰にも分からずに自分だけが孤立していく。でも感情を出すのは恥ずかしい。分ってもらいたいけど分ってもらえない。

楽しいのは楽しい。辛いのは辛い。悲しいのは悲しい。どうして素直な感情が表現ができないのか。と思う。我慢が美徳。アホかって。

先週の金曜日に会社の倉庫でBBQをした。いつもは会社の2階の屋上でやるんだけど。なんせ会社のBBQ、”嵐を呼ぶBBQ”と言われている。今年で3回目。一昨年も雨。去年も雨。それも必ず途中から降るという素晴らしい天候。今年も台風が近づいていると言うことで、今回は紙倉庫兼駐車場。でやった。女性は全員不参加。当然。いたら片付けをやらされるのは分かっているので参加しない。その方がいいよ。と思ってしまう。

この会社はこう言ったイベントがあるから楽しい。仕事をしているとroutine workに振り回されてゆっくりと会社の人達と話す機会が無い。ある一定の人たちは話すけど、印刷している機長とかはゆっくり話す機会が無いのがほとんど。

来週の金曜日はソフトボール大会。仕事を早急に終わらせて、みんなでグランドに行かなかくてはいけない。

たま~にこういったイベントは好き。別に自分が主催するわけではないけど、続いてやると面倒くさくなる。色々と我儘なんですよね。

f:id:toshi_kuni:20120926154808j:image

こういった小さい事で喜ぶ俺って、なんて小さいんだと思う。