月別アーカイブ: 2013年12月

2013年12月31日

無事今年も終わろうとしている。生きていることは自分の人生の歴史を作っていくようなもの。
別に偉そうに言っているわけでも無く。俺の人生の小説を書いたら多分一ページの3行ぐらいで終わってしまうと思う。

今年一年を振り返ってみると、落ち着いた年だったような気がする。
落ち着いた年って言うのは、家業が倒産し、その後始末やら、親父が死んで1年経って、自分の中の心配事がだいぶ薄れたように思う。心の中の問題って難しい。
弦を担ぐ訳ではないが、後厄も終わりました。

行動しないと結果が生まれないな。

今年は皆さんはどうだったでしょうか?

それでは今年一年お疲れ様でした。

来年はどんな年になるやら。

昔から

表参道イルミネーション
嫌いです。なぜか嫌いでした。何回か車で来たけど好きな場所では無かった。

もう行かない。行く機会も無いと思う。

100パーセント原発反対とは思わない。でも節電は必要だと思う。

クリスマス。愛する人。家族。自分にとって大切な人と一緒に過ごすのは大賛成。

それが人が多いところ、渋滞している所にわざわざ行く必要があるのかどうかが分からない。

俺はカトリックじゃないけど、イブの日は四谷にある、聖イグナチオ教会に行く。

聖イグナチオ教会

雑誌、テレビ、メディアでこれがクリスマスの過ごし方みたいな教科書的なクリスマスの過ごし方をしなくてはいけませんか?

それが出来なかったら寂しいですか?

それが出来なかったら人間失格ですか?

365日のたった一日にそこまで頑張らなくてはいけませんか?

その一日頑張らなくてもその364日が重要じゃないんでしょうか?

やっぱり皆と一緒で教科書的なクリスマスの過ごし方がいいですか?

家が自営業で年末年始は忙しかったら改めて家族に俺の誕生日を祝ってもらった記憶が無い。別に悲しいわけでは無くて。祝ってもらわないのが当たり前で。別に特に特別な日ではない。
なので自分の彼女やらパートナーやらに自分の誕生日と改めて祝られても、逆に困惑してしまう。
クリスマスも自分にとっては自分の誕生日と同じ。特別な日ではない。

 

 

 

でも大切な人とはいつも一緒にいたいとずっと思っている。
それを形にしなければ相手に伝わらないのが頭痛の種だ。

裸の王様はやっぱり裸の王様

日本の電化製品メーカーは今苦境に陥っている。といわれている。サンヨーに叱り、パナソニック等。あのソニーブランドも雲行きが怪しいのではと言われている。俺が高校生ぐらいの時にはソニーブラインドは他のメーカーを寄せ付けない勢いがあった。お陰で消費者はソニーの商品を買ったはいいけど他のメーカーといろいろな規格違いでアダプタが使えないとかメモリースティックが使えないとか、いろいろ制限があって、ソニーの製品を買ったら、他の電化製品もソニーにしないと共用できないという小ざかしい戦略をしていた。
別にそれを非難をしているわけではなくて、俺は今でもソニープレゼンツの”世界遺産”は大好きだ。
”世界の車窓から”もソニーかと思ったら富士通だった。でも”世界の車窓から”も好き。いつかはヨーロッパを電車で東から西で旅してみたいと思っている。気の向くままに駅に降りてそこで宿泊してその場所で暮らしている人達を見てみたいし、話をしてみたいと思っている。
俺も友人もIphoneを持つことによって随分と生活習慣が変わったと思っている。俺は昔は大体どこへ行くにも車で移動をしていた。なぜなら電車だと行き方が分からないとかがあったらから車だった。まぁ今はお酒を飲むので電車の方が都合がいいというのもある。でも今はiphoneがあれば調べれば行き方なんてすぐ分かる。
俺が高校生のときウォークマンが流行った。いや、たぶんその前からだと思うけど、初めて高校生のときにウォークマンを持った。凄いよね。電車に乗りながら音楽が聞こえるんだから。そして電車が楽しくて学校をサボって北千住に降りなければいけないのに東武動物公園まで行ってしまったことがある。
今はiphoneがあれば世界のラジオ局が聞こえる。日本にいてドイツ、オーストラリア、アメリカ、オランダいろいろと。
このiphoneが日本人には作れなかったのか?と思った時に絶対に作れないなぁと思った。
音楽が聞けて、ネットが出来て、写真が撮れて、動画が撮れて。こんなの日本の会社がこの万能の機械(万能かどうかは使い方しだいだけど。笑)作りましょうといったらどんな事が起こるか?
各部門が一斉に猛反対するだろうね。こんなの作ったら俺らの事業はどうするんだ!。縮小するのか!なぁーんて全部門一致で反対出るんだろうなぁと思ってしまう。
でも、iphoneはそれを全部出来るようにしてしまった。(アンドロイドも同様)
日本人に生まれてよかったなぁと思うのが、お米を食べて、味噌汁飲んで、焼き鮭を食べてあぁーおいしいなぁと思う。
日本人に生まれて残念だなぁと思うことが、縦の人間の社会に生きていることかぁと思う。年功序列の社会は年を取れば取るほど出世をするという。要は年を取れば肩書きが自然とついてくる。
逆を言えば肩書きが無ければ生きていけない人達が生まれてくる。そしてその下で働いている人達は否応無しにやる気はなくしていく。

前回工場長をやっていた人がいる。散々好きなことをやっていた。勤務中にお酒は飲む。携帯電話でずっとゲームをやっている。みんなが仕事をしているに帰ってしまう。
別に俺が工場長のあるべき姿を言うつもりは無いけど、その人には器がないとおもっいてた。
そして、流石にビバ民主主義。大多数の人達が彼の態度に怒っていて社長に直談判をして工場長をおろされた。(元々社長も仕事をしていないのを知っていて見てみぬ振りをしていた彼もどうだろうと思うけど)
それが2年前。
それでも今週、月に一度の部課長会議。めったに社長が出ないけど今回は出た。
元々は紙積みの一人若い子なんだけど辞めるのでそのことで社長が出ることだったけど。
その子はこの会社のシステムが嫌なところもあり、そして同年代の自分と趣味が合う人がいないというものあり、後野球もやりたかったんだろうね。それで辞めると。
でも社長が今回出席したのはその件を種にまた工場長をその工場長を降りた人にやってもらうと相談だった。嫌、相談ではなかった。言い方は相談風に言っていたけど、ほぼ決定的な言い方であった。
社長も後2年ぐらいで引退をしたいらしい、そしてその社長の役目の役をその工場長にやってもらいたいと言っていた。
仕方が無いんだよね。その彼もこの印刷会社をずっと働いているから。
縦の人間社会。

なんで尊敬も出来ない人間を長と呼ばなきゃいけないんだよ。と思うよ。

でも人が言うんだよね。

なぁーに。日本なんて本音と建前を使い分ければいいんじゃん。と

それが出来れば苦労しねえって。